津山洋学資料館

>
津山の洋学初期
>
宇田川玄随

 

→リンク

 

 
 
 
  休館日

 

 

宇田川玄随

 

宇田川玄随

(うだがわ・げんずい)

1755-1797

代々江戸詰の津山藩医を勤める宇田川家に生まれる。元来漢方医だが、桂川甫周や杉田玄白・前野良沢らと交流して、蘭学へと転向する。甫周のすすめでヨハネス・デ・ゴルテル著の『簡明内科書』を翻訳して、日本初の内科書『西説内科撰要』として刊行、当時の内科医に大きな影響を与えた。ほかに『遠西草木略』、『東西病考』などがある。

宇田川玄随肖像